スマホの方は画面右の三をクリック、料金や合格実績などが見られます。
小論文はもちろん、高知商業・高知工業入試に強い塾と評価を受けています!
2024年度も高校入試・大学入試は100%全員合格でした。まさに「全員合格できる塾」です!

menu

スマホの方は画面左上のメニュー(三)をタッチ↑

教室の歴史塾ミシガン高知とは

ミシガンという名前の由来

 「なぜミシガンという名前を使うのですか?」とか「塾ミシガン高知って変わった名前の塾ですがどうしてですか?」とかよく聞かれます。その理由の一つをお話しします。
 塾長の私は昭和60年、西暦1985年の4月1日にミシガンアクション・イングリッシュ高知(後のミシガン英語教室)という英語・英会話教室を開設しました。
 私の英語の原点はミシガンメソードとの出会いです。
 これは世界的に知られている英語教授法でいわばパターン繰り返し練習です。
 基本文があってそれの主語を変えたり動詞を変えたり目的語を変えたり時制を変えたり構文を変えたりとそれは大変な基礎練習なのですが、英会話ができるようになりたいと思っていた私には、これが一人ドライブがてら好きな車の中で する勉強では一番やりやすくて、教材に沿って半年も続けたら基本文を含めてかなりのパターンが暗記できて、言えるようになったのでした。
 これは面白く効果があると思いその後に、このミシガン教材でメソードを一歩発展させた、「ミシガンアクション・イングリッシュシステム」に出会いました。
 その講師を養成する講習に参加し、それを作った母体のミシガン大学についても学びましたが、すごい大学だとわかりました。
 1817年(日本では寛政の改革と天保の改革のあいだ頃)に設立されたアメリカで一番古い公立大学だったのです。
 ですから向学心に燃えた若者たちが全米から集まり、そこでの教育に使われている英語(米語)を学んだ学生が全米で英語を教え始め広がって、アメリカの英語の標準的な言葉になったのでした。
 ですから現在でもミシガン州あたりの英語がアメリカではスタンダードイングリッシュ(標準英語)として、マスコミ中心に使用されています。
 ちょうど日本では一番古い東京大学のある東京での言葉が標準語として定着しているようなものでしょうか、ですから私の英語はアメリカのどこへ行っても「きれいだ、わかりやすい」と言ってもらえます。
 それは日本でミシガンメソードの基礎を叩き込んだからでしょう。
 やり方さえ間違わなければアメリカに行かなくても、英語は学べて話せるようになるのです。
 ですから私は初めてアメリカに旅行に行った時には、言葉にはほとんど困りませんでした。
 ですから「ミシガン」という意味はアメリカの英語でも最もきれいな標準語を教えている、という意味合いがあるわけです。
  高知県下の知事杯争奪英語弁論大会で、例年県下各大学のESS(英語研究会)の学生がそれまでは優勝していた大会ですが、一般で参加し予選を経て本選で初めてESS以外の総合優勝者になりました。
 その後アメリカの大学に英語教育法の研修に行き、教室を開いて学生時代の英語の恩師が見学に来てくれましたが、「ミシガン」という名前からその意味を分かってくれたのか、少し英語を聞かせてくれと言われ少し英語で話しましたら、 ほめていただきました。
 英語が専門ですが今はパソコンを通して「聴く・話す・読む・書く」という言語学習理論を、他の科目にも立体的に応用して生徒は繰り返し学習し、定期試験や高校入試に素晴らしい結果を出しています。
 私は「こんなしっかりとした学習理念を持って授業をしている塾が他にあるだろうか・・・」と思ったとき、「だから40年年近くも続いているのだ!」という新たな確信が最近わいてきました。そして主に使っている動画教材との出会い はその最たるもので、やはり上記の学習理論に沿って、パソコン機能を十二分に利用して繰り返し使っています。
 今の世の中パソコンが置いていない会社があるでしょうか、だいたい社員に一台あります。
 ではなぜ塾では生徒用のパソコンがないのでしょうか、要らなければ使わなければ良いだけですがそれがあればそこから世界につながり、無限の本物の学習が可能です。ですから各自にパソコンがない塾に通うお子さんは、私の塾の生徒よりは、とても損をしているように私は感じます。
 そしてもうスマホやタブレット学習の時代が来ていますが、画面が大きくタイピングもできて性能がずっといいパソコンの方が、塾学習ではずっと使いやすいです。それが証拠に企業オフィースではやはりパソコンが主流で、タブレット端末などは使われていないのは多くの方が認めるところです。
 以上がミシガンという名前の由来と、今の塾の簡単なシステムのご紹介です。ご精読ありがとうございました。

教室の歴史

1985年4月1日

(1983年5月に県知事杯争奪英語弁論大会で総合優勝、その後米国ダートマス大学での英語研修終了、ニューミシガンメソードの講師資格を取得)高知市ハリマヤ町にて米国ミシガン大学の英語教授法を応用利用した
 英語・英会話教室ミシガンアクション・イングリッシュ高知(ミシガン英語教室)を開設。
 英語教育に不可欠なリスニングとスピーキングに重点を置く。学校英語の不自然な英語学習が好きではなかった私が、正当な英語教育で勉強すれば英語が話せるようになり、分かるようになった自信から米国ミシガン大学ニューメソード、「聴-話-読-書」のミシガンアクションイングリッシュ教授法の啓蒙指導に努める。
 語学学習理論では不滅の理論であり、私たち日本人が日本語を何不自由なく使えるのは、この順序で学習してきたからである。そしてこの理論はさらにあらゆる学習にも応用でき、塾ミシガン高知では現在も広くいろいろな科目の学習に応用実践され、大きな成果を出している。
 この頃は教室のほかに翻訳・通訳の仕事も不定期であるが携わっていた。特に専門的な音楽知識から楽器店等の依頼で外国人演奏家の通訳を経験する。またポップスの歌詞翻訳もマンスリーソングとしての教材で毎月提供して、歌詞のフレーズの一行からが今の生きた英語力表現に役立っている。
 我々が意味も分からずポップスを聞き口ずさむ、まさにこの音楽行動がミシガン語学理論であり塾長の深い音楽知識と英語との融合が、指導の背景に大きく寄与している。

1987年9月

 ハリマヤ教室が手狭になり、桟橋地区に教室を移転。
 学習時間が自由に選べ簡単にそのキャンセルや変更が出来る「チケット制」を導入。必要なだけの学習が自由に出来ると英語ブームもあり、大好評!
 当時ほとんどの英語・英会話教室は半年・1年の長期契約だったが、一ヶ月単位の短期契約チケット購入で安価だったため、良心的な教室として評価をいただく。その頃より受講生本位の経営を心がける。

1996年9月

公立不登校生適応施設 非常勤指導員 主に英語を指導するが小中学生の全科目の指導

1997年8月

 広告費が無くて教室宣伝を念頭に、今まで培った音楽知識・経験を駆使し自己練習後、高知県では一番メジャーで権威のあるテレビ高知主催「高知県歌謡選手権 歌って走ってキャラバンバン」に出場、 激戦の高知中央公園予選でしんがりに登場、審査員に絶賛され決勝大会に出場。高知では伝統ある誰もが知っている40年続いた番組で、県民文化ホールのオレンジ大ホール(1500名)での決勝大会は2時間生中継されて、プロの生バンドをバックに決勝大会初出場で初優勝。審査委員長は市川昭介氏、ゲストは桂銀淑さんと長山洋子さん、自分の音楽的才能を感じ自信が持てた瞬間であった。歌唱曲名は上田正樹の「悲しい色やね」
 それ以来「自称 高知で一番歌のうまい塾の先生」として名を馳せる。 副賞の海外旅行で約十数年ぶりに米国在住の恩師と再会を果たし、交流は今でも(2023年現在)も続いている。

1999年10月
2000年10月

四国docomoエッセイコンテスト、2年連続入賞

2004年10月

 生徒や保護者の希望が強くあり10年以上思案していた総合塾に改編、独自のペガサスパソコン教材をメインに使用する全国展開のJUKUペガサスのインストラクター資格を取得後、塾ペガサス高知教室を開設。
 生徒各自でパソコンやネット授業をふんだんに利用できる教室は高知初で、翌年1月地元TVでも紹介される。
 RKC高知放送2005年1月14日(金)17:00-「どっきんテレビ-くらしのミカタ」コーナーで紹介され、口コミの生徒さんが増えてきました。現在塾名が変わっています。

2005年1月

HPブログ「Juku-Choのひとり言」連載開始

2006年9月

 NHK番組「あの歌が聞こえる」で、想い出のある歌にまつわる応募エッセイが採用され全国放送される。
 ナレーターは俳優の佐野史郎さん、番組曲名は上田正樹「悲しい色やね」

2008年10月

 総合的な高校コースの併設に伴いペガサス学習塾グループから独立  塾ペガサス高知・ミシガン英語教室を統合、塾ミシガン高知 桟橋教室(J.M.K.S)として初心を忘れず、不滅の学習理論での学習を実践し現在に至る。
 この理論を永年塾教育で応用し、各生徒に合うように実践している教育法は「OGASAWARAメソード」と呼ばれ、知識だけでなく勉強法までも身に付くと言われる所以である。

2009年4月

 スクールコーチング コーチャーA級資格取得

2009年11月
2010年4月

 教室創立25周年

2010年3月

 公立高校入試で全員合格

2015年3月

 公立高校入試と大学入試で全員合格
 連載コラム、「明日の空(Tomorrow's sky)に向かって」の執筆連載開始

2015年4月

 教室創立30周年

2015年5月

 教室ホームページブログ「Juku-Choのひとり言」が20万アクセス達成

2015年10月

 学生・社会人の4つの英語能力を測れるCBT検定、 ベネッセコーポレーション主催の英語検定「GTEC」の検定試験会場として認定される。

2016年3月

公立高校入試と大学入試で全員合格

2016年5月

 オーストラリア、シドニー・ケアンズ視察研修にボランティア通訳として参加

2016年9月

 高知県教育委員会が公立高校郡部13校に、実力養成補習教材としてネット授業導入を発表。 2004年から始めていたネット授業併用学習が、県の教育機関トップにも認められたもので、わが塾の先見性を強く確信する。

 高知県下では我が塾がパソコン併用教室として、高校・大学受験、高校生・中学生・小学生の補習にもいち早くネットパソコン併用授業を利用しベテラン塾長の下、 多大なる成果を上げているのは周知のとおりであり、パソコン併用教室では先駆的な塾である。

2017年3月

 公立高校入試A日程と大学入試で全員合格 

2017年11月

 高知市以外のからの入塾の申し込みが増え、なかなか対応ができにくい状態になり、 高知市以外の小中学生対象の、高校入試対策・教科書準拠授業内容のネットコースを開始。

2017年12月

 教室ホームページブログ「Juku-Choのひとり言」が30万アクセス達成

2018年3月

 今年も公立高校入試A日程と大学入試で全員合格(二桁)を達成!生徒として預かった以上は、その生徒たちのために最善を尽くす初心をずっと貫いている。

2018年11月

 教室ホームページブログ「Juku-Choのひとり言」が35万アクセス達成

2018年12月

 20代から続けている新聞投稿は現在も掲載されており、その筆力は小論文講座を始め各科目において惜しみなく塾生たちに披露還元され、分かりやすく実践的な指導で毎年合格者を輩出している。

2019年1月

 使用していたブログサイトが閉鎖変更になり、 「Juku-choのひとり言」は380,000件あまりのアクセスを持って終了
新たに「Fagottoの日記」で再開する

2019年3月

 公立高校入試A日程と大学入試で全員合格(二桁)を達成!
 塾が舞台の小説「みかづき」のNHKドラマについての評論が高知新聞読者欄に掲載される。

2019年4月

 パリ市ノートルダム大聖堂火災についての投稿が高知新聞読者欄に掲載される。

2019年7月

 「ニュース砂漠」に関する投稿が高知新聞読者欄に掲載される。

2019年9月

 「脆弱な我が国のインフラ」に関する投稿が高知新聞読者欄に掲載される。

2019年11月

 「高齢者一年生」というユニークな題の投稿が高知新聞読者欄に筆者の誕生日に掲載される。

2020年1月

 「海藻健康法のすすめ」京都府の長寿地域の食生活からヒントを得た海藻健康食の投稿が高知新聞読者欄に掲載される。

2020年3月

 公立高校入試A日程と大学推薦入試で全員合格(二桁)を達成!

2020年3月

 「令和2年日々是日本史」コロナウイルス対策の日々の事柄がまさに日本史であると考えの投稿が高知新聞読者欄に掲載される。

2020年4月

 ヤフープレイス選定審査に合格

2020年5月

 「エール」の題で高校球児やスポーツ選手へのエール(応援)の投稿が掲載される。

2020年10月

 「半沢直樹」の番組評を投稿、掲載される。

2021年1月

 「コロナ感染拡大の一因を考える」専門の言語地理学的見地から、コロナの世界的感染拡大の一因を推敲した投稿が高知新聞に掲載される。

jpg新聞投稿2021.01.28(410.04KB)
実際の記事です。
2021年3月

 今年も公立高校入試A日程と大学推薦・一般入試で全員合格(二桁)、今年は全員志望校に合格する全員完全合格を達成!

2021年4月1日

 開塾記念日 開塾36周年

2021年4月9日

 「池江選手の奇跡の復活に思う 」の投稿が掲載される。

jpg新聞投稿2021.04.09(370.9KB)
実際の記事です。
2021年5月28日

 「池上彰氏の言葉 」の投稿が掲載される。

jpg新聞投稿2021.05.28(345.54KB)
実際の記事です。
2021年6月

 塾ミシガン高知 桟橋教室のホームページを一部リニューアルオープン
 ブログに英語分を一緒に載せ始める。11月には独自ドメインを取得 フルリニューアル完成

2021年7月14日

 「東京五輪と大谷翔平選手」の投稿が掲載される。
 ブログに英文表記ブログを一緒に載せ始める。

jpg新聞投稿2021.07.14(187.86KB)
実際の記事です。
2021年9月12日

「パラリンピック」の題で投稿が掲載される。

jpg新聞投稿2021.09.12(332.32KB)
実際の記事です。
2021年11月3日 

独自ドメインでのHPフルリニューアル完成
11/3「音楽を発展させる人物」の題で投稿が掲載される

pdf新聞投稿 2021年11月3日(289.81KB)
実際の記事です。
2022年1月25日

「驚くべき俳優の役作り」の題で投稿が掲載される

pdf新聞投稿 2022年1月25日(113.53KB)
実際の記事です。
2022年3月

令和4年度も公立高校入試A日程、大学入試(推薦含む)全員合格達成!

2022年4月14日

「4月からのフレッシュマンへ」の題で投稿が掲載される

pdf新聞投稿2022.4.14(103.25KB)
2022年6月29日

「日銀 円安対策の呪縛」の題で投稿が掲載される

jpg新聞投稿2022.6.29(270.24KB)
2022年9月25日

「文章を書くとということ」の題で投稿が掲載される

pdf新聞投稿 2022.09.25(722.28KB)
2022年10月2日

名古屋市 文理スクール名古屋本校にて、英語指導の基本「講師初級研修会」の講師を務める
大変好評で来年も同じような研修が企画されている。

2022年12月21日

「戦争と音楽」の題で投稿が掲載される

jpg新聞投稿 2022.12.21(322.49KB)
2023年3月20日

怖かった巨大地震番組

jpg新聞投稿 2023.3.20(276.89KB)
2023年6月4日

「らんまん」から力もらう

pdf2023,6,4新聞投稿(66.06KB)
2023年7月9日

子どもたちの教育に貢献する、大切にしたい学習塾100選に選定される
同時に同賞選考委員に選ばれる
http://chiisanaseikou.or.jp/nintei

pdfAWARD 100.pdf(178.49KB)
大切にしたい学習塾100選認定書
2023年8月25日

「眉山」

pdf2023,8,25新聞投稿(233KB)
2023年10月29日

名古屋市 文理スクール名古屋本校にて、英語指導の基本「講師初級研修会」Vol.2の講師を務める
大変好評で来年も同じような研修が企画されている。

pdf20231029英語基本初級研修Vol.2案内チラシ(270.88KB)
昨年来大変難しくなった中学1年生の、英語学習の新たな指導法を考察する研修です。初級英語教育に関しまして私が永年取り組んできた学習方法が、難しくなった英語学習対策に効果があると認められ第2回目を開催しました。英語の塾は中1からでは遅い時代です、小学高学年から読み書き発音リスニング学習を始めましょう。
2023年10月30日

谷村新司さん、さようなら

2024年1月27日

地震学習と実際の地震

pdf新聞掲載2024/01/27(96.24KB)